この前、抽象的にざっくりと捉えることが理解の助けになるよ!という記事を書いたのですが、今回は具体的な行動も大事ですよ、といった内容で話していきます。
WordPressの勉強が思ったように進んでおらず、自戒もこめて…


「ざっくりとした理解(抽象思考)」の落とし穴

物事をざっくりと捉えてみると、1行や2行の文で簡単に言い表せてしまうことがよくあります。

それで「なんだ、簡単じゃないか」と思えるのはいいことかもしれませんが、侮ってしまうと悪いことになります。

侮って臨んだ結果、思ったように進まず、「自分には向いてないんだ」とか「自分はなんて怠惰なんだ」という思考になってしまいがちです。


結局は具体的な行動に落とし込んで行かないと意味がない

第一ステップとしての抽象的な理解は、あくまでも物事を俯瞰して捉えて、実践的な行動の道しるべを作るためのものです。

ざっくり理解したからといって、それは本当の意味で理解したとは言えません。

本当の意味で理解するとは、具体的な内容を理解した上で、それをさらに抽象的に理解し直すことで初めて達成できるもの…な気がしています。

ですので、ざっくりと理解できたならとりあえず実践して、「実際のところはどんな風なのか?」を確かめてみましょう!


現実を受け入れて計画を練り直す

計画が思ったように進まないと焦りますよね。でも、ここで「明日こそ今日の分まで頑張るぞ!」と意気込んでしまうと悪循環に突入してしまうのは目に見えています。

とりあえず行動をして一区切りついたときに、自分の予想していた時間と実際にかかった時間を比べてみて、計画を練り直す必要があります。

そのためにも、タイマーで作業時間を計測したりして、一定の範囲を進めるためにかかる時間を把握しておくのがいいかもしれません。

その上で、改めて計画を作り直せば、無茶な計画に翻弄されなくて済むと思います!

…ということで、無茶な計画を立てていた僕はちょっと冷静になって考え直してみるようにします。