PHPでプログラムを書いているとき、条件分岐が正しくできているかの確認がしたくて、コンソールに表示させる方法を探していました。どうやらChromeloggerという拡張機能で実現できるようです。


Chromeloggerのインストール

ChromeloggerはChromeの拡張機能で、こちらからインストールすることができます。

このリンクから「Chromeに追加」ボタンを押してインストールしましょう。


PHPをコンソールに出力するためのファイルをダウンロードする

公式サイトをスクロールしていくと、色々なプログラム言語に対応したphpファイルをダンロードするページがあります。

今回はPHPをコンソールに出力したいので、赤い矢印で示したファイルをダウンロードします。

ダウンロードして「chromephp-master」フォルダを開いたら、その中にある「ChromePhp.php」をサーバーにアップロードします。

あとはサーバー内のフォルダにこのファイルを入れると良いそうなので…wordpressの個別テーマのフォルダ(header.phpやfunction.phpなどが入っているフォルダ)に入れると動作しました。

FTPクライアントはCyberDuckを使用しています。



コンソールに出力する準備をする

ファイルを設置したら、コンソールに出力させたいコードがあるファイル(今回はindex.php)に次のコードを書き加えます。

<?php

include 'ChromePhp.php';
ChromePhp::log('Hello console!');

?>

これで、一度ブラウザに戻ります。ページを更新する前に、Chromeloggerのアイコンをクリックして起動しておいてください。

起動している間は、アイコンの色が青くなります。

上のように、Hello console!が表示されていれば正しく動作しています!

あとは好きな場所で以下のように書けばコンソールに値を出力できます。

<?php

ChromePhp::log(出力したい内容);

?>